ストレス・睡眠不足

ストレスによる薄毛

薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、多いでしょう。

薄毛は、ストレスが原因となって進行してしまうものなのです。現代人はそのような理由で薄毛になってしまう人が特に多く、昔に比べると右肩上がりに増えていっているのです。なぜストレスが原因となっているのかというと、血行不良や睡眠不足、内臓機能の低下などが頭皮に影響してくるからなのです。血行が悪くなってしまうと、十分な栄養が細胞に送れなくなってしまい、発毛力が落ちてしまうのです。それは、血行をコントロールしている自律神経がストレスに強い影響を受けてしまい、血管の収縮をおこし、血行が悪くなってしまうのです。さらに、毛髪には成長する時間帯というものが存在するのです。それは、午後10時から午前2時だといわれています。この時間帯に寝ることで、成長ホルモンが分泌されて毛髪の成長を促進してくれるのです。そのため、いろいろなことが気になったりして睡眠不足となってしまうと、薄毛となってしまう可能性が高いのです。このようなことになってしまわないよう予防が必要なのです。

睡眠不足による薄毛

薄毛を引き起こす原因としては数多くのものが可能性として挙げられますが、代表的なもののひとつに睡眠不足があります。そもそも頭髪とは夜間の睡眠中に大いに成長するものと言われています。とりわけ夜22時から深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれて最も効果的な時間帯。自律神経が休まり、なおかつ交感神経が副交感神経に切り替わる睡眠中だからこそ頭髪は意識しないままに順調に成長を続けていけるのです。

そして睡眠にはストレスを軽減させる特殊な効果があります。日々の疲れや精神的ストレスを睡眠不足が巧みに解消させてしまうことで翌朝には快適な状態で起床できるのです。睡眠不足によってこの機能が働かなくなれば、疲れやストレスは身体に残ったままとなり、それが頭皮の皮脂などになって毛穴を詰まらせます。こうして血めぐりが悪くなって栄養分が吸収できなくなったり、あるいは毛穴の詰まりが頭髪の成長を妨げることによって薄毛が引き起こされるのです。

当サイトがおすすめするクリニック