育毛剤

抜け毛や薄毛等、髪の毛の悩みを自宅で解消したいと考えた時に有効なのが育毛剤です。
ですが、一言で育毛剤といっても、髪への働きかけ方は様々で、髪の状態に合った物を選ぶ事が大切になってきます。
現在、多いのが、髪に栄養を送る為の毛細血管を拡張させる働きがあるものです。
健康で元気な髪を育てたいと考えたら、髪にしっかりと栄養素を送り届ける事が大切となり、その為には血流がしっかりとしている事が必要となってきます。
ただ、血管を拡張する事によって、頭痛やめまいなどの副作用がある事もあり、少しでも副作用が出た場合は早めに医師に相談する事が大切になってきます。
こうした血流を良くする事で栄養を届ける育毛剤の他、男性ホルモンを抑制する事で、発毛を促す育毛剤もあります。
男性ホルモンの中には、ジヒドロテストステロンという脱毛作用があるホルモンが存在します。
このホルモンが多く分泌すると、皮脂を過剰分泌させ、毛穴を防ぎ、毛が生えてくる事を妨げるだけでなく、毛乳頭にも影響を与え、髪が育たないまま抜けるような状態を作ってしまいます。
それにより、ヘアサイクルが乱れ、薄毛になっていく事になります。
ですから、男性ホルモンが多く分泌した事が原因で薄毛になっている人の場合、まずこの男性ホルモンを抑制する事が大切になってきます。
更に、毛を生やすために欠かせない毛母細胞に働きかけるタイプの育毛剤も存在します。
薄毛やハゲといわれる状態になる人の中には、毛穴の中の毛母細胞が休止期のまま止まってしまっている人が少なくありません。
毛穴の中に毛母細胞が残っていなければ、そこから毛は生えて来ない事になりますが、休止期のまま眠った状態の毛母細胞を再び活動させる事ができる状態であれば、まだ発毛の可能性は残ります。
以前に比べて抜け毛が増えてきたと感じた場合等、毛母細胞に働きかける育毛剤を選んでみるのがお勧めです。
育毛剤といっても様々な種類があり、髪に合ったものを選ぶ事が大切です。

当サイトがおすすめするクリニック