更年期と女性ホルモン

卵巣機能が加齢とともに低下する事で女性ホルモンの分泌が減り、身体の様々な箇所で支障が出てきます。特に閉経の5歳前後の時期を更年期と呼び、個人差はありますが、45歳から55歳あたりの年代を指します。
女性ホルモンに毛髪を成長させたり持続させる働きを持つエストロゲンがあります。更年期になるとエストロゲンの減少が見られ、薄毛に悩む女性が増えるのはこの為とされています。
更年期からくる薄毛の対処法として、エストロゲンの代わりをするイソフラボンの摂取を増やす事や運動をこまめにする事で有酸素運動で代謝が高まり、卵巣機能をはじめとする様々な身体の機能の低下を防ぐ事が出来ます。

ホルモンの役割

薄毛に悩んでいる人にとって育毛剤などの成分は非常に重要な要素です。
しかしながら同じようにホルモンも育毛において非常に重要な役割を果たします。
実は育毛には女性ホルモンが効果的なのです。
これは女性だけでなく男性もです。
しかし男性が女性ホルモンを取る場合には女性化に注意しなければなりません。
具体的には筋肉が付き難くなったり、性欲の減退です。
この効果が育毛のメリットと比較して足りうるものか良く考えてから摂取する必要があります。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンというのは薄毛に関してもかなりの影響を与えています。女性ホルモンの分泌量が増えると、抜け毛を抑制して髪の毛を丈夫にしたり、再生力を高めますが、逆にホルモン量が減少するとその働きが衰えて抜け毛が増えていきます。妊娠中の女性はホルモンが活発に分泌されるため抜け毛が減りますが、産後は元通りの量になるため本来抜けていた髪の毛がまとまって抜けて、脱毛や薄毛の心配をするというケースも良く見られます。

ホルモンバランスの乱れ

女性が薄毛になる原因の1つに、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

ストレスや加齢などでホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンの働きが悪くなると、男性ホルモンの作用の方が優位になり、髪が抜けやすくなると言われています。

男性ホルモンが多いと、男性型の薄毛になりやすく、女性の場合は主に髪全体が薄くなってしまうケースが多いようです。
ですので、抜け毛対策をする場合、頭皮のケアだけでなくホルモンバランスを整えるような、ケアを行う事が有効です。

当サイトがおすすめするクリニック