不適切なヘアケア

薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、多いでしょう。

このような髪のトラブルが起こる原因は色々とありますが、その中の1つに不適切なヘアケアが挙げられます。
健康で丈夫な髪を育てるには、まず頭皮の環境が整っていなければいけません。

しかし、不適切なケアを続けていると、頭皮の環境が悪化し薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。
まず、頭皮の環境を良くする為には、シャンプーをしっかり行う事が大切です。

毛穴の中に皮脂や古い角質が溜まってしまうと、薄毛になりやすくなると言われています。
またシャンプー後につける育毛剤の有効成分も、毛穴が詰まっていると効率的に、毛根に行き渡りません。
ですので、シャンプーは毛穴の中の汚れを落とすように、する事が薄毛対策には有効です。

しかし、汚れを落としたいあまり、ゴシゴシ強く洗ってしまうと頭皮を傷つけ、余計に薄毛を招いてしまいます。
この他に1日に何回も髪を洗ってしまうと、頭皮が乾燥を起こし、抜け毛を引き起こしやすくなる為、注意しましょう。

シャンプーは1日に1回、そしてなるべく夜に行う事が、育毛の為のヘアケアには大切です。
そして、シャンプーをする時は、まずシャンプーをしっかり泡立て、指の腹で優しくマッサージするように行いましょう。

シャンプーをした後は、トリートメントやコンディショナーをつけて、髪を保護しますが、この時にも注意したいポイントがあります。
シャンプー後につけるトリートメントやコンディショナーは、頭皮につけず髪のみにつける事が重要です。
トリートメントやコンディショナーを、頭皮につけると毛穴詰まりの原因となってしまいます。

洗髪後はしっかり頭皮を乾かす事も、育毛ケアには大切です。
頭皮が濡れたままの状態だと、雑菌が繁殖しやすく毛穴にダメージを与えてしまいます。
ただ、同じ場所にドライヤーの熱を当て続けると、頭皮を傷めてしまう為、ドライヤーは同じ場所に当て続けるのではなく、数秒おきに乾かす場所を変えましょう。

こうする事で、ドライヤーの熱による頭皮ダメージを抑えられます。

このような点に注意して、ヘアケアを行う事で健康な頭皮をキープでき、薄毛の予防や改善に有効となっています。

当サイトがおすすめするクリニック