髪のヘアサイクル

ヘアサイクル

ヘアサイクルというのは、髪が生えてきたり抜け落ちたりするサイクルのことです。髪の毛を作り出している毛根には、その活動を休止する期間や髪を成長させる期間があり、このサイクルが正常に動いている場合には抜け毛が合っても新たな髪の毛が作られますので問題ありません。しかし、何らかの原因で髪の成長が滞ると、抜け毛のみが増えますので薄毛の原因になってしまいます。ヘアサイクルの乱れを直すことは薄毛治療にも重要です。

成長期

ヘアサイクルの成長期は、毛周期の中でも最も長く、2年から6年と言います。
成長期には初期と後期の2つがあり、初期では新しい毛髪が生えると同時に古い毛髪が抜ける時期になります。
また、後期に入る事で毛髪が成長する時期に入るのです。
尚、男性型脱毛症における成長期の期間と言うのは、通常2年から6年の歳月の中で成長していくものが、僅か数ヶ月で終了すると言う特徴があり、ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因であると言われているのです。

退行期

髪が4年から6年に及ぶ成長期を抜けると、今度はヘアサイクルにおける退行期に入っていきます。この時期になると頭髪の成長を司る毛母細胞の力がだんだん弱まっていき、いったんは完全に毛根から離れてしまいます。こうして退行期に陥った髪はやがて全く成長しなくなり、この状態が2週間から3週間ほど続くことになります。こうした退行期を迎えている髪は頭髪全体の1パーセントにあたると言われており、個々がそれぞれのタイミングでこの時期を迎えることで表向きは健康的な頭髪状態が維持できているのです。

休止期

ヘアサイクルには3つの周期が有り、それを繰り返しています。
このヘアサイクルの事を毛周期と呼び、髪の毛が生えて抜け落ちるまでのサイクルの事を意味しているのです。

ヘアサイクルの一つでもある休止期は毛髪が成長をしない時期になります。
また、毛包は小さい状態のままとなり成長をしない時期になるのが特徴です。

尚、一般的に成長期の毛髪と言うのは全体の8割から9割あり、休止期の毛髪は1割から2割程度であると言われているのです。

当サイトがおすすめするクリニック