分娩後の女性抜け毛

女性は分娩後に一時的に薄毛になる事があります。
これはホルモンバランスが崩れるため起こるものですが、分娩前の妊娠中から女性ホルモンに変化があります。
髪の成長に関係するホルモンはエストロゲンと呼ばれるものですが、これが働いていれば髪が薄毛になると言う事もなく、妊娠中はこのホルモンのおかげで薄毛になることなく髪を維持することができるのですが、分娩によってホルモンの働きが一気に弱くなるため分娩後に脱毛や薄毛で悩むことが多くなるのです。
ただ、この現象には個人差がありホルモンバランスの崩れにも差があるので、 分娩後にそれほど抜け毛が気にならなかったり妊娠中に脱毛することが多くなったと言う人もいるようです。
また、妊娠中に体毛が薄くなったと言う人がいれば濃くなったと言う人もいて、やはりこれはホルモンバランスの差から来ているようです。
分娩後ホルモンバランスが正常になれば徐々に抜け毛も治まっていき薄毛も気にならなくなることが多いのです。だいたい、授乳が終わる頃になると回復してくるようです。時期にして出産後半年から一年後位で、これも個人差があるようです。
高齢出産であったりお産で無理をした人などは、体力が回復しにくくその分髪も元通りに成長するのに時間が掛かるかもしれません。
まれに、抜け毛が治まらなかったりそのまま円形脱毛症を発症させてしまう事もありますが、これは体力の回復が遅れている他にストレスも関係してきますから、あまり気に病むことなく気楽に過ごすことが大切です。
ほとんどが一時的なものなので、それほど心配する必要もないのですがよほど気になるようでしたら医師に相談するのも一つの方法です。
その前に、ストレスを溜めず栄養バランスのとれた食生活を心がけ、睡眠も十分とれるよう生活を見直すことで薄毛も改善する可能性が高くなります。
赤ちゃんを育てながらそういった生活を送ることは大変ですが、家族の協力を得られるなら頑張ってみましょう。

当サイトがおすすめするクリニック